雑記(書評)

【書籍紹介】News Diet-ニュースダイエット-

アイキャッチ

皆さんこんにちわ、今日は「News Diet-ニュースダイエット-(情報があふれる世界でよりよく生きる方法)」についてご紹介します。

読んで見ての感想

yuu

この考えはすごく極端なもので、すべての人に最適なものではないと思います。ですが、一部の主張には共感できる点がありました。

スマホの普及により情報が溢れる時代で、よりよく生きるために知っておいて損はないと感じました。

作者は、ニュースに対して非常に痛列な言葉で批判していて、ある意味痛快な内容でした。言葉もわかりやすい表現で、所々出てくる例えも面白い表現で、読みやすい本でした。

作者の紹介

スイス生まれの作者は、最初からニュースを断っていたのではなく、ニュースまみれの幼少期を送っていました。

両親は朝新聞を読み、朝食後には家族全員でラジオニュースを聞く。昼食後も、ラジオニュース。さらに夜の7時からは家族全員でスイス放送協会のテレビニュースを見るといった、いわゆるニュースルーチンを送っていました。

 

yuu
作者はニュースを「朝食時に飲む麦茶と同じくらい当たり前だった」と言っています。しかし、あるきっかけで作者はニュースを断つ決心をしたのです

成人になる頃、作者は自分自身に2つの疑問が浮かびました。

  1. ニュースのおかげで世界をもっと理解できたか
  2. ニュースのおかげで良い決断ができたか

答えはどちらもノーでした。この事から作者は、「ニュースなしの生活」を実現する様になりました。

 

ニュースを断つべき理由

yuu
ここからは、特に印象に残った作者が考える「ニュースを断つべき理由についてご紹介します」

①ニュースの99%は、自分とは無関係である

私たちは、年間2万本のニュースを読んでいる。

しかし「1年間を振り返ってみて、家族や人生においての重要な決断に役に立ったというニュースは?」という問いに対し、2本以上挙げられる人はいなかった。

つまり、人生における重要なこととニュースには何の関連もない。

ニュース産業におけるビジネスとは、「広告収入」であるため、私たちに対して重要なニュースではなく興味を引くニュースを重視している。

②ニュースは、能力の輪の外にある

自分の能力の輪を見極めよう

能力の輪

能力の輪に内側にあるもの → 理解でき習熟可能

能力の輪に外側にあるもの → 理解不能なもの

「能力の輪の外側」にある情報を消費するのは、時間の無駄であり集中力を低下させる。

「能力の輪の内側」に集中し、「能力の輪の外側」のものは無視しよう

③ニュースは、時間の無駄

ニュースを消費することは、時間がかかる

「切り替えコスト」とよばれるニュースによって逸れた注意を、元の作業に戻すために時間が無駄になる。

時間の無駄は、1日59分〜96分で1年に換算すると約1ヶ月という時間を無駄にしている。

④ニュースは、体に毒

人間は「悪いこと」は「良いこと」よりも重要と感じてしまう。

この現象は「ネガティビティ・バイアス」と呼ばれ、ニュースメディアは私たちに、よりショッキングな記事を供給している。

この現象を巧みに利用することで、より視聴者の注目を集めている。

結果として、本当に重要なニュースではなく、興味を引くようなニュースしか提供されていない。

この様なショッキングなニュースを消費すると、ストレスモルモンの分泌や、PTSD(心的ストレスによる心身の不調)にさらされ心身の健康を大きく損なう。

⑤ニュースは、意見の火山を噴火させるする

無理して意見を持たなくてもいい。

自分には全く関係のないことにも、脳は即座に意見をつくり出す。「意見の火山」が勝手に噴火し、コントロールが効かなくなってしまう。

  • 基本的に答えが存在しないもの
  • 自分の興味がないもの
  • 自分には複雑すぎる質問

こう言ったものには、無理に意見を持つことで、「心の平静」、「集中力」が奪われる。

自分の意見の90%は不要。無駄に意見を持とうとせず、意見を持たない自由を大事にしよう。

yuu
ニュースを断つべき理由以外にも、ニュースを断つまでの具体的方法も書かれています

「ニュースフリー生活」に興味がある方は、是非読んでみてください。

ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

-雑記(書評)

© 2021 公務員だってFIREを目指すブログ Powered by AFFINGER5