仕事・人生

新入社員の時にやっておきたかった事5選

皆さんこんにちわ、今日は「新入社員の時にやっておきたかった事5選」というテーマでお話ししていきます。

この記事の作者

  • 現在30代で九州在住の地方公務員
  • 2020年10月からYouTubeのリベ大を見て「経済的自由FIREを目指したい」と志す
  • 50歳でFIRE することを目標とし、日々の《節約・投資・副業》を通して資産形成に挑戦
  • つみたてNISA、特定口座、ジュニアNISAで投資を継続中❗️

目標額は50歳で資産5,000万円

子供3人の5人家族で、住宅ローンを抱えながらも日々の奮闘をブログで綴っております。  

4月になりましたねー。4月と言えば新しく社会人になった人も多いんじゃないでしょうか。FIREを目指している30代公務員の私も、そんな時代があったんですね。

yuu
遠い昔の話のようです😓

そこで今日は、FIREを目指している30代の私がFIRE(経済的自由)を目指す上で、新入社員時代からやっておけばよかった事を考えてみました。ぜひ最後までご覧ください。20代や30代の人も参考にしていただけると思います。

参考: FIREを目指す30代公務員の僕が思う〜早くから始めておくべきだったこと5選〜

この記事を読むべき人

  • これから社会に出てお金に困らないようにしたい
  • 若い世代でFIREに興味がある
  • お金に困らない充実した毎日を送りたい

 

 

新入社員の時にやっておきたかった事

  1. 保険の加入に慎重に考える
  2. 本を読む習慣を身につける
  3. 趣味やスポーツを継続する
  4. 貯金ではなく投資をする
  5. お金に関する教養を身につける
yuu
さっそく解説していきます❗️

①保険の加入に慎重に考える

新入社員になると、本当に保険の勧誘が多くあります

会社に出入りしている保険会社の営業員が、新入社員に対して片っ端に保険を進めてくるのです。当然、新入社員は以前まで学生だったので保険に入っていないことが多いので、保険会社にとって保険に勧誘するのは簡単です。

何も知識がないと保険に入るのが当然と思ってしまって、加入してしまうのです。保険の営業員はこういった事を話しかけてきます。

メモ

  • もし入院すると多額の医療費がかってしまう
  • 病気で働けなくなったらお金で困る
  • 親に頼らないといけなくなる

私も、同じ考えで

yuu
「社会人になったら親に頼っていてはいけないので保険に入らないといけないなー」と思っていました。

なので私は、何も考えずに月に1万円くらいの生命保険に加入していました。仕事を始めたばかりで、月に1万円払うってとても大変なことですよね。今考えてもゾッとします。

しかし、みなさん保険に入る前にもう一度このことを考えましょう。

  1. 公的な社会保障制度を理解する
  2. 会社の福利厚生制度を理解する
  3. 仮に怪我や病気で入院しても貯金で賄えないか検討する

この事を理解しておけば、ほとんどの保険商品は不要ということがわかります。病気や怪我で多額の治療費がかかっても高額医療費制度というものを活用すれば月に10万円しか治療費はかかりません。それだったら、自分の貯金などで支払えますよね。

この他にも病気で働けなくなっても、公的な補償により給料の一部をもらうことができます。

この他にも、自分の勤める会社の福利厚生制度も確認しておきましょう。入院に対する見舞金や、会社で社員の保険に加入している場合もあります。

基本的に結婚するまでは、生命保険、医療保険は不要と思います。

②本を読む習慣を身につける

今では、月に5冊くらいの本を読むようにしていますが、もっと早くから読書の習慣を身につけておきたかったと後悔しています。

yuu
読書は最高の自己投資って言われるよね

私が考える読書のメリットは

  1. 効率的に知識が増える
  2. 文章を(読む力)、(理解する力)、(書く力)が身に付く
  3. 物事をいろんなで考えることができる
  4. 会話の引き出しが増える

特に社会人になったら、文章を理解したり、文章を書く能力は重要です。

本は、作者が長い人生で学んだ事を短時間で自分の知識にすることができるとてもコスパがいい自己投資といえます。

③趣味やスポーツを継続する

学生時代にサッカーをしていたんですが、社会人になってからは全くしていませんでした。30歳を過ぎてからまたサッカーを社会人チームに入って始めたんですが、もっと20代の時から続けておけばよかったとこちらも後悔しています

大人になってスポーツをすることのメリットは

メモ

  1. 体力維持
  2. 職場以外のつながりができる
  3. ストレス発散

特に2番目の「職場以外のつながりができる」ことはとても重要なことだと思います。社会人になると人間関係が職場の中に偏りがちです。そこで、職場以外の人間関係を築くことで、より広い視野を持つことができ充実した毎日を送ることができます

④貯金ではなく投資をする

新社会人となった20代の頃は、投資なんて全く考えもしませんでした。お金は貯めておかないとっていう考えはありましたが、当然貯金で貯めるものだと思っていました。

yuu
投資なんてお金持ちがやるものだよね❗️

ですがリベ大YouTubeでお金の勉強をするようになって、投資は長い時間かけてお金を増やしていく複利という考えがある事を知りました。

その中で、貯金だけではお金持ちにはなれない事や、積立投資NISAiDeCoを活用して長期運用をしていく事で、資産を効率的に増やすことができる事が分かりました。

そのためにはなるべく若い時期から、投資にチャレンジする事が大切なのです。

⑤お金の教養を身につけておく

これはなんといっても、リベラルアーツ大学のYouTubeを見るべきだったという事です。両学長のおかげでFIREという考え方を知りましたし、投資を始めることもなかったと思います。

yuu
人生が変わったといってもいいくらいです

本当にお金に関する知識を持っていないと、お金は逃げていくばかりです。まだこんなことしている人は要注意です。

こんな人はお金が逃げている

  • 携帯のプラン変更をしていない
  • 保険は言われたままに加入
  • 支払いは全て現金主義
  • 節税についての知識がない

これに当てはまっていると感じたら、すぐにリベラルアーツ大学のYouTubeを見てお金に関する教養を身に付けましょう。

まとめ

いかがでしたか。今日は「新入社員の時にやっておきたかった事5選」というテーマでお話ししました。ポイントはこの5つです。

  1. 保険の加入に慎重に考える
  2. 本を読む習慣を身につける
  3. 趣味やスポーツを継続する
  4. 貯金ではなく投資をする
  5. お金に関する教養を身につける

もちろん今30代や40代の人も、今からでも遅くはありません。

yuu
私も30歳を過ぎてから学び始めました

人生で今日が一番若い日です

ぜひ参考にしてみてください。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-仕事・人生

© 2021 公務員だってFIREを目指すブログ Powered by AFFINGER5