仕事・人生

消防職員が保険に入るならグループ保険がおすすめな理由

スポンサーリンク

保険を検討してるんだけど公務員の人は、保険ってどこで加入するのがいいのかな?
yuu
だったら絶対にグループ保険がオススメだよ‼️

今日は、消防職員の皆さんはどこの保険(生命保険、医療保険等)に入った方が良いのかを解説していきます。

 

新社会人となった、消防職員も保険の加入を検討している人も多いのではないでしょうか?

 

 

ちなみに、私は公務員はほとんど保険の加入は不必要だと考えています。詳しくは、こちらの記事を読んでみてください。

参考記事:公安職(消防士)の公務員は民間保険に入るべきなのか  

 

しかし、家族構成やライフスタイルによっては一部保険で補償する必要もあるかと思います。 そんな人のためにグループ保険がオススメな理由を、公務員歴15年の私yuuが解説していきます。

 

今日は特に、消防職員向けの解説を行なっていきます。

 

この記事の作者yuu

  • 現在30代で九州在住の地方公務員(公務員歴15年)
  • 2020年10月からYouTubeのリベ大を見て「経済的自由FIREを目指したい」と志す
  • 50歳でFIRE することを目標とし、日々の《節約・投資・副業》を通して資産形成に挑戦
  • つみたてNISA、特定口座、ジュニアNISAで投資を継続中❗️

目標額は50歳で資産5,000万円

子供3人の5人家族で、住宅ローンを抱えながらも日々の奮闘をブログで綴っております。

消防職員にオススメするグループ保険とは

ポイント

そもそもグループ保険って一体なあに?
yuu
グループ保険とは、一般財団法人 全国消防協会が運営する団体保険制度で、全国の消防職員の福利厚生の充実を目的とした保険制度なんだ

その特徴として以下のようなものがあります。

グループ保険の主な特長

  • 消防職員とその家族のみが加入でき
  • 一般的な保険料より割安
  • 加入や見直しができるチャンスは年に2回
  • 年齢に合わせて保険料が変わる
  • 剰余金が発生すれば返戻金として加入者に還付される

主な保険の種類はこちらです

保険の種類(生命保険関係)

  • 全国消防グループ保険(生命保険)
  • 医療費支援制度
  • 三大疾病保険
  • 医療保障保険
  • プラスサポート生命保障

保険の種類(損害保険関係)

  • 消防職員傷害保険
  • 消防職員医療保険
  • 退職者医療保険
  • 消防職員がん保険
  • 消防職員介護保険
  • 消防職員賠償責任保険
このように、いろんな種類の保険を取り扱っています。詳しくは公式のホームページをご覧ください。

消防グループ保険公式サイト:https://www.ffaj-shobo.or.jp/hoken/gaiyo.html  

消防職員に消防グループ保険をオススメする理由

メリット

yuu
ここからは、なぜグループ保険をオススメするのかを解説していきます

 

オススメする理由

  1. 割安な掛け金であること
  2. 営利を目的としていないこと
  3. 保険のセールスがないこと
  4. 保障内容がわかりやすいこと

①割安な掛け金であること

この保険は、全国の消防職員とその家族しか加入できません

いわゆる団体保険なので、そのスケールメリットを生かした割安な保険料で提供されています。

 

yuu
経済状況が比較的恵まれている、消防職員のみが対象だからその結果、保険料を割安にすることができるんだ‼️

 

公務災害補償や休業手当が充実している公務員なので、保証も最低限に設定することで、さらに保険料を下げることもできます。

②営利を目的としていないこと

運営元は全国消防協会という、「公益財団法人」です。

そのため非営利目的としていて、あくまで消防職員の福利厚生の充実のために運営されています

そのことから、保険事業で得た利益は返戻金などを通じて加入者に全て還元されています。

yuu
今までに実績では、保険料の40%〜50%が返戻金として還付されています。

③保険のセールスがないこと

会社員になると、保険の営業の人が会社まで押しかけてきて、保険の営業をされたことはありませんか?

このグループ保険は営利目的ではないため、民間保険の営業のようにしつこいセールスをされることがありません

yuu
自分のペースでじっくり保険を検討することができます。
不必要に保証が大きすぎる、高額な保険に入らされることもないのね

④保障内容がわかりやすいこと

なんと言っても、保障内容がとてもわかりやすいです。

保障金額ごとの掛け金が分かりやすく表にまとめられています。

保障内容

この中から、自分に合った保障内容をじっくり選ぶことができます。

これだったら、自分の納得できる保険に入ることができそう

グループ保険にもデメリットがある

デメリット

このように、とてもオススメなグループ保険にもいくつかデメリットがあります。

おもなデメリット

  • 加入時期が年2回と限られている
  • 加入や給付時の申請は自分で資料を送る必要がある
  • 高齢になってくると、保険料は高くなる

保険の営業員のひとがいない分、手続きは少し面倒なこともあります。

そのほか、終身保障ではないため高齢になっていくと保険料が高くなっていきます。

 

しかし、必要な保障額も年齢と共に減っていくため、保険料を抑えることも可能です。

このように、メリットとデメリットを比べてみて加入を検討するといいと思います。

 

yuu
私は、圧倒的にメリットが大きいと思っているため全て保険はグループ保険で賄っているよ‼️

まとめ

いかがでしたか、人生でマイホームの次に大きい出費と言われる保険。

 

失敗しないために十分検討しての加入をオススメします。

 

yuu
ぜひ、消防グループ保険を検討してみてね。

-仕事・人生

© 2022 公務員だってFIREを目指すブログ Powered by AFFINGER5