FIRE

キャンプ初心者必見‼️まず揃えるべきアイテムとは❓

スポンサーリンク

 

初心者の方がキャンプを始めるにあたって、何から道具を揃えれば良いかわからない、という方は多いと思います。

 

今回の記事では、キャンプをこれから始めたいと思っている方にとって、まずはこれだけは揃えておけば問題なしといったキャンプ道具をご紹介します。

 

コロナの影響でアウトドアが人気になっていますが、誰でも簡単にキャンプが始められるように、まず最低限必要な道具を学んでいきましょう‼️

この記事の内容

キャンプを始めるにあたって最低限必要な道具をご紹介します。

まずこれさえ揃えればキャンンプに出かけることができます‼️というアイテムだけに厳選しました。

まずはこれだけ揃えてキャンンプに出かけましょう‼️

キャンプを始めるにあたってなずは揃えるべき最低限のアイテムとは❓

ファミリーキャンプ

ポイント

  1. タープ
  2. テーブル
  3. チェア
  4. テント
  5. シュラフ
  6. インナーマット
  7. ランタン
  8. 焚き火台(バーベキューコンロ、ガスコンロ、ホットプレート)
  9. クーラーボックス
  10. 食器・調理器具類

キャンプ道具は、大きく分けて「くつろぐ」、「寝る」、「食事する」に大別されます。

  • 「くつろぐ」・・・外で座って本を読んだり、思い思いにゆったりと過ごすためのアイテム
  • 「寝る」・・・屋外で宿泊するので、快適に睡眠を取るためのアイテム
  • 「食事する」・・・美味しいご飯を食べるためのアイテム

ここでは、この3つの道具ごとにご紹介していきます。

「くつろぐ」ためのアイテム

キャンプ

必要なモノ

  • タープ
  • テーブル
  • チェア

タープ

キャンプは外で行うものなので、日差しや雨が大敵になります。

そこで、この日差しや雨を防いでくれるのがタープの役割です。

 

そのほかにも、自分たちだけの空間を作ることができ、くつろぐ場所を作るには最適です。(もちろん外からは丸見えですが・・・)

テーブル

食事の時の料理を置いたり、飲み物を置いたりと、とにかく荷物を置くためのアイテムです。

クーラーボックスやコンテナボックスなど直接地面に置きたくないものがあれば、そういったものを置くこともできます。

 

キャンプは何かと荷物が多くなりがちで、そんな時でも荷物をテーブルに置くことができれば、スタイリッシュでおしゃれな空間を作ることができます。

「寝る」ためのアイテム

必要なモノ

  • テント
  • シュラフ
  • インナーマット
  • ランタン

テント

まずは、なんと言ってもテントがなければキャンプが始まりません。

最近ではグランピングも流行っており、そのほかにもコテージやキャビンといった備え付けの建物に泊まることもできます。

 

しかし、本当にキャンプを楽しみたい方であればテントを自分で設営して、泊まることをオススメします。

ドーム型のテントや、かまぼこ型といったいろいろな形のテントが販売されています。

 

使用人数に合った、形や大きさのテントをゲットしましょう。

シュラフ

キャンプで布団の代わりになるのが、このシュラフです。普段とは違い外で寝ることになるので、少しでも快適にゆったり寝れるアイテムを選びましょう。

封筒型と呼ばれる長方形のものや、頭まですっぽり入るマミー型といったものがあります。

 

シュラフは保温性能が様々なので、必ず表示温度をチェックしましょう。特に寒い時期のキャンプをする場合には、選んだシュラフでは、寒くて耐えられないといったこともなりかねません

インナーマット

テントの中に敷くためのマットです。テントは芝生の上や、土の上場合によっては、砂利の場所に敷くこともあります。

そんな時、テントで過ごしていると地面が固くて居心地が悪い、寝ることができないといったアクシデントがあります。

 

テントの中にインナーマットを敷くことで、柔らかい居心地の良い空間を作ることができます。

ランタン

キャンプ場では、当然照明はありません。夜になると真っ暗です。

そんな時でも、ランタンを用意しておくことで夜でも快適に過ごすことができます。

タープの中や、テントの中でも使うため最低でも2〜3つは用意しておきましょう

 

またトイレに行く時、暗い場所を歩いていくことになりますので、手持ち用のライトもあると便利です。

「食事する」ためのアイテム

必要なモノ

  • 焚き火台(バーベキューコンロ、ガスコンロ、ホットプレート)
  • クーラーボックス
  • 食器・調理器具類

焚き火台(バーベキューコンロ、ガスコンロ、ホットプレート)

調理をするためのアイテムです。自分たちがやりたい調理法によって、どのアイテムがいいか変わってきます。

定番のバーベキューがやりたい方はバーベキューコンロ、焚き火で調理がしたい方は焚き火台となるでしょう。

 

もちろん最初は、手軽に調理をしたいという人は、いっそのこと手持ちのガスコンロを持っていってもOKです。

何を持っていくにしても、あまり大きいサイズのものはオススメしません。コンパクトに荷物に収まるものをチョイスしましょう

クーラーボックス

食料は、自分で持っていく必要がありますのでクーラーボックスは欠かせません。

クーラーボックスは機能と大きさが重要です。ファミリーキャンプを計画しているなら、最低でも40L程度の大きさをオススメします。

 

多少余裕があるサイズを選んだ方が無難です。

 

機能については、多少高価でも高性能なものをオススメします。保温効果が驚くほど変わってくるためです。特にもに飲み物を冷やして持っていきたい場合は、高性能なクーラーボックスをチョイスしましょう

食器・調理器具類

できた料理を食べるためには必須なアイテムです。

また小さいものでも良いので、お鍋やフライパンなどを用意しておくと料理の幅が格段に広がります。

 

食器類については、最初は使い捨てのものをオススメします。なぜなら、後片付けが断然楽だからです。意外と、食べたあとに食器類を洗うのが面倒なんですよね

お洒落な食器類は、キャンプに慣れてきてから購入しましょう。

まとめ

この記事では、キャンプ初心者がまずは揃えるべきアイテムをご紹介しました。以下の9つのアイテムです。

ポイント

  1. タープ
  2. テーブル
  3. チェア
  4. テント
  5. シュラフ
  6. インナーマット
  7. ランタン
  8. 焚き火台(バーベキューコンロ、ガスコンロ、ホットプレート)
  9. クーラーボックス
  10. 食器・調理器具類

キャンプを始めたくても、何から手をつけて良いか分からない人、とりあえずこれだけ揃えて、すぐにキャンプに出かけましょう

 

実際にキャンプに行ってみて、欲しいものが見つかったら追加で揃えていけば良いのです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

-FIRE

© 2022 公務員だってFIREを目指すブログ Powered by AFFINGER5