投資・節約・副業

セミリタイアを目指すyuu家がやってる投資方法とは

皆さんこんにちわ。

今回は「セミリタイアを目指すyuu家がやってる投資方法とは」というテーマで書いていきたいと思います。

30代の既婚者公務員の私が、日々の暮らしの中でどんな投資方法で資産の形成をしているかがわかります。

  • なぜ貯金ではダメなのか
  • 家族持ちの会社員はどう投資を行えばいいかわからない

昨年から楽天証券で積立NISAを開始した僕が、こんな悩みに答えていきたいと思います。そして後半ではyuu家でやっている投資の状況について公開したいと思います。

積立NISAの概要とは

前回のブログにも書きましたが、yuu家では投資方法は、積立NISAを活用しています。

積立NISAとは、投資信託を活用して投資初心者の方にも手軽に積立投資ができる制度です。概要についてはいろいろなサイトで紹介されていますのでここでは、簡単にご紹介します。

NISA(ニーサ)とは、毎年決まった非課税投資枠(積立NISAは40万円)が設定され、投資した上場株式や投資信託の配当金(分配金)や値上がり益が非課税になる制度のことです。
日本に住む20歳以上の方が対象です。

本来株式投資で得た利益については、約20%の税金が掛かりますが、この制度を使えば税金はかかりません。とってもお得ですよね。

20%の税金が非課税って、どのくらいお得なのって思った方はこちらをご覧ください。

株式に投資した場合、一般的なリターンは長期で見るとおよそ3〜7パーセントと言われています。

そのことから今回は、月々3万円を20年間積み立て、毎年のリターンが5%と想定してシミュレーションしてみました。サイトは「楽天証券」さんを使わせていただきました。

投資元本は合計で720万円となりますが、投資の利益を合計した最終積立金額はなんと《約1,230万円》となります。

本来ならば、1230万円ー720万円=510万円に対し税金が20%掛かるので《510✖️0.2=102万円》が税金として納める必要があります。ですがそれが非課税ってとってもすごい制度ですよね。

もちろん投資にはリスクがあり、必ずシミュレーション通りにいくとは限りませんし、元本割れする可能性もありますのでは、そこはご注意ください。

しかし、株式投資について有名な書籍である「ウォール街のランダムウォーカー 」という書籍で紹介されている、この表を見て元本割れのリスクは非常に低いのが分かります。

引用元:ウォール街のランダムウォーカー

この表では、米国の株を15年以上で保有すると、元本割れのリスクを回避できるということを表しています。

そして私は30代なので、少なくとも20年以上は株式を運用できると思ったので。自信を持って株式運用すると決めました。

なぜ貯金ではダメなのか

さて積立NISAの概要を説明しましたが、そもそも貯金で資産形成をしたらどうなるんでしょうか。

なぜ貯金ではいけないのか。それは以下の3つがあるからです。

  • 金利が低すぎる
  • インフレリスクに対応できない
  • 投資の機会損失

金利が低すぎる

預金の金利って知ってますか?

メガバンクの定期預金の金利って現在では0.01%くらいで、ネット銀行などでも高くて0.2%くらいです。

シミュレーションするとこうなります。

先ほどと同じ月々3万円を20年間積み立てたと想定しました。貯金の元本は720万円に対して、運用総額は734万円。

利益12万円です。もちろんこれに税金の20%の2万4千円が引かれます。これって預金する意味ありますか。

0.2%の金利は、一般的な金利よりかなり高金利です。普通の方ならもっと低いでしょう。このように貯金していても、資産は増えることはないのが分かります。

インフレリスクに対応できない

インフレって分かります?物の値段が上がって、相対的にお金の価値が下がるあれですよね。なかなか実感することがないインフレですが下記のようなことでわかります。

  • アイスが60円で買えなくなった
  • 車の値段が上がった
  • 大学などの学費が上がった

パッと思いついただけでもこのようなものがあります。

アイスって昔60円で買えましたよね。2016年に衝撃的ニュースに衝撃を受けました

ガリガリ君」70円に 25年ぶりの値上げ

価格の優等生であるガリガリ君でさえインフレしていたのです。その他にも10年くらい前までは、軽自動車って100万円くらいで新車が買えたのを記憶してます。

今では150万から200万円くらいしますよね。教育費用も同じです。昨年2月、こんなニュースがありました。

国立大の授業料、自由化を検討 値上げ相次ぐ可能性も

文科省は国立大の授業料の標準額を年間53万5800円とし、大学の判断で2割増の64万2960円まで増額を認めている。標準額は2005年度から据え置かれてきたが、東京工業大と東京芸術大が19年度入学生から値上げに踏み切った。20年度は千葉大や一橋大、東京医科歯科大も続く。東工大を除く4大学は上限の2割増とした。

こんな感じで暮らしの中で様々のものも値段が上がっています。これ以外にも食品なんかは、内容量を減らして実質の値上げをしたりしいます。

機会損失となる

機会損失とは簡単に言って、投資をしないで銀行に預金しておくことで、お金を増やせる機会を逃しているということです。

預金としてお金を何年も寝かしておくことは、非常にもったいないことなんです。少しでも金利の高い銀行に預金することは大事ですが、使う予定の特にないお金ならば、投資に回さないともったいないことなんです。

以上が貯金ではダメな理由3つです。

家族持ちの会社員が資産運用する上で大事なこと

では投資を行う上で大事なことはなんでしょう。

yuu家の家族構成は、妻、子✖️3の五人家族です。

子供が3人もいると、本当にゆっくりとできる時間は無いです。

子供がまだ小さいので、仕事から帰ってきても、外で遊んだり公園に連れて行ったり全く自分の時間はないです。休日も同じです。

こんな状況では、携帯やパソコンで資産運用がどうなっているのか確認したり、株を売買したりするのは、無理です。

私の知り合いには、FXなどを活用してお金を増やしている同僚もいたりします。FXは経験ないのですが、よく聞くのは為替の動きを絶えずチェックして、売り時や、買い時を逃さないようにする必要があります。

だから休みの時も、仕事中も投資のことが気になって仕方がないらしいです。こんな時間私にはありません。子供がある家庭はみんな自分の時間は限られていますよね。

その点、積立NISAを活用した投資信託は、積立を開始したら決して売る必要はありません。

ひたすら長期で保有し続けるだけなのでとっても楽チンです。株価の上下は一切見る必要はありません。むしろ見ないほうがいいともいえます。

先ほど説明したように、米国などの株式投資は、長期で見ると右肩上がりの株価となるので数ヶ月間の株価の上下を気にする必要はないからです。

ということで、私たち30代や40代のサラリーマンは「仕事や子育てで忙しい」、「老後までに期間がある」という特徴を持っています。

この特徴を最大限に生かし、株式をほったらかして長期で運用するという積立NISAに最大限のメリットを享受することが最も大事なのです。

yuu家の投資状況公開

ここでは、私が現在積立投資を行なっている内容についてご紹介します。

いきなり言ってしまいます、私が投資している投資信託は、この2つです

eMAXIS Slim 米国株式S&P500」、「eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)

現在の積立状況はこのようになっています。妻と2人の口座で運用しています。

私の口座

《NISA口座》

eMAXIS Slim 米国株式S&P500 16,666円

eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)20,000円

《特定口座》

eMAXIS Slim 米国株式S&P500 16,667円

妻の口座

《NISA口座》

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー) 33,333円

《特定口座》

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー) 16,667円

NISA口座での枠は年間40万円が上限なので、月々33,333円となります。楽天証券ではカード決済をすると1%のポイント付与があります。5万円までカード決済できますので、残りの16,667円を非課税枠以外になりますが特定口座で購入しています。

このポイント付与っていう制度が楽天証券の最大の魅力なんです。楽天経済圏を利用している人もそうでない人もとってもお得なんで是非やったほうがいいです。

赤く表示してある金額が現在の含み益となっています。なぜこの二つの投資信託を購入しているかなどはまた別のブログでご紹介できたらと思います。妻と2人で月合計10万円を積み立てています。

これを20年続けたとするとシミュレーションではこうなります。

積み立てた元本2400万円に対し最終金額が約4110万円となります。月々10万円の積立は今後も続けられるか心配ですが、是非セミリタイア に向けて頑張っていきたいと思います。

そして実はこれ以外にも、子どもが利用できる「ジュニアNISA」というものがありそちらでも積み立てています。

全て合わせると月16万円の積立となります。ジュニアNISAについては教育資金のなので子供たちのためのお金ですが、こちらも子どもが3人いるためしっかりと備えないとといけないですしね。

ジュニアNISAについてもまたご紹介できればと思っています。

いくらなんでも月16万て・・・・行けるのか?

・・・うん頑張っていきましょう。ではまた

スポンサーリンク

-投資・節約・副業

© 2021 公務員だってFIREを目指すブログ Powered by AFFINGER5